「いじめ」による心の傷を癒すカウンセリング

いじめを受けたあなたは、100%悪くない!

 

学校での「いじめ」の問題は、今、深刻な社会問題となっています。


従来のいじめに加え、最近は、SNSやLINEなどネット上でのいじめも発生しています。


また、いじめが陰湿化し、表に出ない隠れたいじめも増えています。
 

「いじめ」を受けた子どもは、深い心の傷を負ってしまいます。


「いじめ」の辛さから逃れる手段として自殺を選ぶ子どももいます。あってはならない悲劇です。

残された家族も「なぜ止められなかったのか」という後悔の想いを残します。


家族にとっても一生消えない心の傷となります。
 
いじめを受けた多くの子どもは、性格が変わってしまいます。


「自分には価値がない」と思い、自信が持てなくなります。


「自分が悪い」と自分を責める子もいます。


また、人を信用できなくなり、人間関係がうまく作れなくなったりもします。


この性格の変化は、その子が大人になった後の、職場などの人間関係にも影響をあたえます。
 
実は、私も小学生の頃に、いじめに合いました。


そのいじめが原因となり、大人になってからも、集団に入っていくことが苦手になったのです。


仕事関係の飲み会などで、男性が多い集団だと、とても緊張することに気づき、緊張をなくすために私自身がカウンセリングを受けました。


カウンセリングの中で、過去の小学生の時のいじめ体験が、飲み会のグループへの苦手意識になっていることに初めて気づきました。


カウンセリングによって苦手意識が減り、以来緊張なく人の集まりに入れるようになりました。
 
「いじめ」を受けた子どもたちの多くは、「いじめを受けた自分が悪い」と思っています。


そうではありません。


私は、いじめを受けた子どもに「あなたは100%悪くない!いじめた側が悪い」と伝えています。


この言葉が、いじめを受けた子どもにとって何よりも勇気となるのです。
 
「いじめ」を受けることが、どれだけその子の心の傷となるのか、性格をどれだけマイナスの方向に変えてしまうのか、そして大人は、いじめを受けた子どもにどのように接していけばよいのか、この大切な事を、たくさんの人に知っていただきたいと、心から願っています。
 
もし、あなたのお子さんが、いじめによって心が傷ついているのならば、その傷は必ず癒すことができます。


失った自信も取り戻すことができます。
 
あるいは、もし、あなたが、大人になった今もなお、過去のいじめが原因で、生きづらさを感じ、苦しんでいるならば、その苦しみは、手離すことができますよ。


カウンセリングによって傷ついた心の中の小さなあなたの心を癒すことができるのです。
 

希望を持って、あきらめないでください。私はいつでもあなたの味方です。

     

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。