亡くした家族との「お別れのカウンセリング」

あなたは、心のお別れをすることで、深い悲しみを乗り越えていけます

私は、亡くした母親への罪悪感がなくなりました。

気持ちが、とても楽になりました。

今では、お母さんに心から「ありがとう」と言うことができます。

こんにちは、森脇 要です。これは、私自身の体験です。

私の母は、私が26歳の時に、病気で天国に旅立ちました。

母は、1月の冬の寒い日、突然たおれました。

知らせを受け、私が実家に戻った時には、すでに柩の中。眠るように横たわっていました。

その後、私は亡くした母のことを思い出すたび、気分がとても落ち込んでいました。

「お母さんを守れなかった」

「まだ何か、お母さんにしてあげられることがあったんじゃないか」

まるで取り返しのつかない罪を犯した罪人のように、自分のことを責め続けていました。

思い出すと、あの頃は、とってもつらかった。

このつらさから解放されたのは、30代になり、カウンセリングを学び始めてからでした。

「亡くした母親への罪悪感から解放されたい」

これをゴールとして、「お別れのカウンセリング」を受けました。

突然逝ってしまった深い、深い、悲しみ。

「なぜ、逝ってしまわなければならなかったのか」という受け入難い気持ち。

「もっとしてあげたいことが、たくさんあったのに?」という悔やむ気持ち。

心の中に消えずに残っていた気持ちを受け容れました。

たくさんの涙が出ました。

最後に、お母さんに「ありがとう」の気持ちを伝えました。

カウンセリングが終わった後、とても晴れやかな気持ちになりました。

心の重荷がなくなっていました。

私は、母との「心のお別れ」をすることができたのです。

そして今では、こうして穏やかに語れるようになれました。

あなたは、亡くした誰かのことで、自分を責めつづけていませんか?

天国に旅立ったあなたの大切な人も、決してあなたが苦しむ姿を見たいとは思っていないはずです。

あなたが幸せになること。

あなたの大切な人も、きっとそれを望んでいるはずですよ。

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。