ギャンブル依存症克服カウンセリング

福岡、佐賀、長崎でギャンブル依存症で苦しんでいるあなたのためのカウンセリングです。

 

アダルトチルドレンの人の中には、さまざまな「依存症」に苦しんでいる人がいます。

 


ギャンブル依存症も、その1つですね。

 

 

 

ギャンブル依存症になると、ギャンブルに対する欲望や衝動を抑えることができなくなります。

 


そして、借金をすることで、社会生活に問題が生じます。

 


それでもギャンブルをやめることができず、心や身体に苦痛を感じます。

 


ギャンブル依存症は、心の問題です。

 


この心の問題を解決していくことで、かならず克服することができます!

 


もし、今、あなたが苦しんでいるのならば、どうかあきらめないでください。

 


カウンセリングは、あなたがギャンブル依存症を克服サポートをすることができますよ。

 

 

日本におけるギャンブル依存症の実態

 

日本では、現在、ギャンブル依存症の人たちが、どのぐらいの数いるのでしょうか?

 


厚生労働省が、2017年の9月にギャンブル依存症の実態について調査をおこないました。

 


調査の対象となったのは、年齢20歳~74歳の人たち1万人です。

 


結果、一生のうちにギャンブル依存症が疑われる人の割合が全体の3.6%でした。

 


日本全体で、約320万人いう結果となりました。

 


男女の比率をみると、男性が6.7%、女性が0.6%で、男性のほうが依存症が疑われる人が多い結果でした。

 


そして最もお金を使ったのは、パチンコ・パチスロでした。

 


また、直近1年間のギャンブル経験から依存症が疑われた人は、約70万人でした。

 


過去1年間にギャンブルで使った平均の金額は、月に約5万8千円でした。

 

ギャンブル依存症の原因

 

私たちは、「ギャンブル依存症」と聞くと、ギャンブルが楽しすぎてやめられない、スリルや刺激が好きでしてしまうものと思ってしまいます。

 


しかし、実際はそうではありません。

 


ギャンブル依存症の人は、楽しさよりも、むしろ苦しみを感じています。

 


どんな苦しみだと思いますか?

 


それは、「パチンコなんて、もうやめなきゃいけない」という焦りや、「また借金が増えてしまう。なんとか勝たなきゃ」というプレッシャーを感じていることが多いのです。

 

 

パチンコ、パチスロ、競馬、ボート、競輪などのギャンブルを始めた時は、使う金額も少しで、使う金額をちゃんとコントロールすることができます。

 

 

しかし、少ない額で思ってもみなかったような大金を手にした時に、大きな興奮を感じます。

 


しかも、その興奮はなかなか忘れることができません。

 


「きっとまた勝てるにちがいない」

 


そう思って、またギャンブルをしてしまうのです。

 


だんだんと使う金額が増えていきます。

 


金銭感覚もしだいにマヒしてきます。

 

 

当然ですが、いつも勝てるわけではありません。

 

 

負けてしまうこともあります。

 

 

しかし、一度ギャンブルで大きく勝ち、大金を儲け、興奮を体験すると、その興奮と刺激が忘れられなくなるのです。

 

 

他のことに興味が持てなくなり、いつもギャンブルのことを思うようになります。

 

 

こうして、強拍的にギャンブルにのめり込んでいき、ついにそれが習慣になってしまうのです。

 

 

ギャンブルにのめり込むと、ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り返そうとします。

 

 

そして多くの人がギャンブルをするためのお金を借金するようになります。

 

 

借金の額は大きくなり、自分の返済能力を上回る額になってしまうこともあります。

 

 

さらに、その多額の借金を返すために、ギャンブルをするようになります。

 


「借金を返すために、絶対に勝たなければ!」

 

 

楽しい思いどころか、こんな苦しい思いでギャンブルを繰り返すのです。

 

 

また、ギャンブル依存は、周りの人との人間関係にも影響をもたらします。

 

 

恋人、夫婦、子ども、親や兄弟、親せき、職場の人、さまざまな人間関係が悪くなります。

 

 

これは、さらなるストレスとなり、重くのしかかってきます。

 

 

ギャンブル依存症の人は、このように「ギャンブルをなんとかやめなきゃ」と焦りを感じています。

 

 

その一方で、「借金を増やさないために、絶対に勝たなきゃ」というプレッシャーも感じています。

 

 

このような焦りとプレッシャーによる苦しみによって、ますますギャンブルにのめり込み、やめられなくなってしまうのです。

 

ギャンブル依存症克服カウンセリング体験者さまの声

 

ギャンブル依存症克服カウンセリングを受けられたクライアントさまの声を許可をいただき、ご紹介いたします。

 

 

 


私はパチンコがやめられなくて、苦しんでいました。


カウンセリングを受けて、初めて私の心の中に大きな「寂しさ」があることに気づきました。


私は小さな子どもの頃、親がかまってくれない環境で育ちました。


だから、いつも「寂しさ」を感じていました。


だけど、その気持ちを話せる人もいなくて、自分の中に抑え込んでいたんです。


子どもの時からずっと溜まっていた「寂しさ」。


この気持ちを感じないようにするために、私はパチンコをしていたんです。


「寂しさ」の感情を処理するカウンセリングを行って、気持ちがスッキリしました。


心が落ち着いて、安定しました。


自然とパチンコをしなくても大丈夫になれました。

 

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市、その他福岡県全域)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(長崎市、佐世保市、大村市、壱岐、対馬)、熊本県(熊本市)大分県(大分市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害(過食症、拒食症)、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。