子どもの不登校で悩むお母さんの心が楽になるカウンセリング


あなたは今、お子さんが学校に行けなくなり、一人で悩んでいませんか?

・なぜ、うちの子は学校に行けなくなったのだろう?

・私の子育てがまちがっていたのかしら?

・毎日の子どもに対する接し方が間違っているのかな?

・どうすれば、学校に行ってくれるのかしら?

・いつまで待てば学校に行く気になるのだろう?



さまざまな思いを抱えて、悶々としていませんか?

また、お子さんのこれからの進学や、将来の就職のことを思い、不安な気持ちになっていませんか?

こんなにもお子さんの事を真剣に思っているのに、お子さんとの関係がうまくいかず、ギクシャクして、落ち込んでいませんか?

 

あなたの、不安な心や、落ち込んだ心から解放されて、楽になることができますよ。

あなたは、こんな風に楽に変われます。

 

・自分を優しく労(いた)わることができます。

 

・今までよりも落ち込むことが少なくなります。

 

・そのままのお子さんをかけがえのない存在だと思えるようになれます。


お母さんの心が悩みから解放されていくことで、不思議なことに 不登校のお子さんの気持ちも楽になっていきます。

 

お母さんが安心した笑顔でいることが、子どもにとっての一番の幸せなのです。

 

ご自分が悩みから解放されていくことで、お嬢さんも楽になる体験をされた方の声をご紹介しましょう。


それは、突然のことでした。

新学期が始まる日、いつもの朝のはずでした。

高校生の娘が靴下だけをはいた状態で、学校へは行けないと言いだしました。

何が何だかわからず私は泣き崩れながら学校に行ってほしいと娘に懇願しました。

その日から娘は学校に行けなくなりました。

何に頼ればいいのかわからず「カウンセリング・学校に行けない等」思いつくままにネット検索をしました。

偶然か運命かはわかりませんが最初にラクダ先生が検索結果に表示されました。

その数日後、カウンセリングに通わせるということへの心配と不安はありましたが、この状況をどうにかしなければという思いの方が強かったのでしょう。親子カウンセリングがどんなものかいまいちわからないまま、親子カウンセリングを受けることにしました。

娘の問題を解決したいという思いとは別に自分の苦しい部分も相談したいなとちょっと考えていました。

実は、私の中にも誰にも言えない悩みがありました。しかも相談しても誰にも解決してもらえない悩みだし、現状維持でいくしかないと決めていたことでした。

カウンセリングを受けたことをすべて覚えているわけでありません。

それに私の中で何が変わったのか、これまで家族に対して思っていたいろんな思いが、今は別の思いに変わったようで、何が不満で何が嫌だったのかをうまく思い出せない気がします。

過去の出来事がなくなったわけではないし、相手が変わったわけでもないので、きっと私の何かが変わったのだと思います。

生活が激変したわけではありませんが、カウンセリングを受ける前より、家の中にいる時の疎外感のようなものは減ったように感じます。

1番最初に主人のこれまでの行動への怒りや不安を先生にぶつけてみました。ずっとがんばりすぎてきた自分がいたようで、涙がいっぱいでました。

この日の帰り道は、心が少し軽くなった気がして、ウキウキしながら帰宅しました。

主人のすべてを許せたわけではありませんが、上手につきあっていけるくらいの心の余裕が持てた気がします。

次に主人の家族との問題もいっぱいでてきました。

この気持が解決できた時にはスッキリした気持ちで家に帰ることができ、ちょっとやさしい気持ちで接することができるようになったと思います。

私と娘の関係や、娘がカウンセリングに通うようになってからの言動や行動で悩むことも多々ありました。

相談する中で娘が持っている感情のタイプがわかり、私がピンポイントで娘にとって地雷を踏んでいることがわかりました。

そのことを証明できる事案がいくつも思い出されます。

今でも娘の地雷をいっぱい踏んで、けんかになるので娘にはとっても申し訳ないのですが・・・私も勉強中です。

何度かラクダ先生のカウンセリングを受ける中で、私の気持ちや行動、発言が娘に多大な影響を与えているのだと気づきました。

今回ラクダ先生の所で親子カウンセリングを受けることになった本当の理由だと思いました。

その時、娘に対する気持ちが変われば、娘もきっと心が軽くなると感じられました。

カウンセリングのゴールって何だろうとも思っていましたので、これがゴールだと先生に話したことが印象的に残っています。

そして、私の中での問題は解決したようでした。

今でも娘は自分の心と格闘中ですが、私に訴えた日から5か月で驚く変化をしました。

学校へ行けなかった娘が学校へ行けるようになりました。

もちろん、何もなかったようにとはいきませんが、頑張って気持ちを奮い立たせて登校しているようです。

いろんなことに心が拒絶して、明日どうなるかもわからない日々だったことを考えると本当に驚いています。

さらにうれしいことは、明日のことや来週のことや未来の話ができるようになったことです。

これまで私は、娘に今後のことをいろいろ質問して心をパニックにさせていましたので、娘から話してくれるまで、質問するのをやめていました。

今は、明日の予定も聞けるし、未来の夢も話してくれるようになりました。

さらなる変化は、主人が自分も変わらなければと認識し始めたことです。

日々の娘のことを相談する中で感じたようでした。

もちろんこれまでも父親としての役割を果たしていましたがもっと大人になろうとしているのかもしれないと思いました。ちょっと子供っぽい行動がありましたので・・・。

まだまだ、最初の目的だった娘の心の問題は解決に至っていませんが、近い将来、その時が来ると思います。

不安な気持ちもないわけではありませんが、子供と一緒に成長していきたいと思います。

何かがあったら相談できるところがあるという安心感は、私の中でとても大きな存在です。

本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


この方のように、あなたもきっと楽になることができますよ。


そして、あなたが笑顔に変わることで、お子さんも安心して、楽になり、変わっていくのです。


そう、あなたは楽になり、笑顔になって良いのです。


さあ、あなたが楽になるための一歩を踏み出しませんか?

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。