よくあるご質問(Q&A)

カウンセリングがあなたにとって、「安全で安心できる場所」であることを願っています

 

 

Q.カウンセリングを初めて受けます。どういうことをするのですか?

 

 

カウンセリングでは、まず最初にクライアントさんの悩みについてじっくりとお話しを聞きます。

 


それから、あなたが今回のカウンセリングで、どのように変わりたいのかを確認します。

 


つまり、あなたが進む目標、「カウンセリングのゴール」を決めるのです。

 


では、あなたは「カウンセリングのゴール」をどのようにして決めるのでしょうか?

 


私はクライアントさんとお話しをしながら、解決したい悩みについて具体的に聞いていきます。

 


クライアントさんの悩みは、

 


「考え方」なのか?

 


「気持ち」なのか?

 


行動なのか?

 


身体の症状なのか?

 


またその悩みは、どのような状況で起こるのか?

 


その悩みがカウンセリングが終わったときに、どう変化したらラクになれるのか?

 


これらのことを1つ1つていねいに確認していきます。

 


こうして、あなたが進む「カウンセリングのゴール」が決まるのです。

 


これまでにどのような「ゴール」をクライアントさんが決められたのか、いくつかご紹介しますね。

 


・自己肯定感を高めたい。

 


・恐怖や不安な気持ちからラクになりたい。

 


・人の目がとても気になり、気を使いすぎるのをやめたい。

 


・子どもや夫にイライラしたり、キレたりするのをやめたい。

 


・うつ病を克服したい。

 


・摂食障害を克服したい。過食をやめたい。

 


こうして「カウンセリングのゴール」を決めることは、あなたにとってどんなメリットがあると思いますか?

 


あなたはゴールを決めることで、変わった自分の姿を具体的にイメージできるようになります。

 


変わった自分の姿をイメージできるようになると、あなたは自発的にカウンセリングに望むことができるようになります。

 


このようにあなたが自発的にカウンセリング望むことで、カウンセリングの効果もぐんぐんとアップしていくでしょう。

 


あなたが「カウンセリングのゴール」を決めた後、私はあなたがゴールに向かって進んでいくことをしっかりとサポートしていきますよ。

 


あなたに寄り添い、サポートするときに用いるのが、心理学に基づくカウンセリングの技法です。

 


私がカウンセリングを行う時に用いているのは、「交流分析」というアメリカで創られた心理学の考え方です。

 


交流分析の考え方を用いたカウンセリングは、アメリカや日本、全世界で行われています。

 


また、この交流分析の心理学は、日々進化を遂げています。

 


世界の研究者たちが絶え間なく研究を続けてくれているからです。

 


また私自身も、交流分析の研究者たちが研究した最新の心理学の知識や、カウンセリングの方法を学び続けています。

 


そしてその学んだ知識や技術を日々のカウンセリングに活用しているのです。

 


私はクライアントさんが「本当にラクになった」と実感していただけるカウンセリングをおこないたいと、いつも心がけています。

 


なぜ、私はこのように信頼のおける心理学をベースにしたカウンセリングを行なっていると思いますか?

 


じつはこれまでに何人ものクライアントさんからお聞きしたことがあるのです。

 


とても悲しいことに、信頼のおける心理学の知識や技法を学んでいない、効果の低い、問題解決とは程遠いカウンセリングを行うカウンセラーがいるのです。

 


そのカウンセリングを受けて、カウンセラーやカウンセリングに対して不信感を持ってしまった人がとても多いのです。

 


あなたもカウンセラーを選ぶ時に、大きな不安を覚えるでしょうし、とても迷いますよね。

 


「クライアントさんに安心してカウンセリングを受けていただきたい」

 


「クライアントさんに、“自分はかならずラクになれるんだ”という希望を持っていただきたい」

 


これが私の願いです。

 


あなたが私のおこなうカウンセリングを信頼して、安心して受けていただけたら、とてもうれしいです。

 


カウンセリングが、あなたにとって「安全で安心できる場所」となるよう、これからも努めていきますね。

 

 

 

 

Q.プライバシーは守られますか?

 

 

カウンセラーには、守秘の義務があります。

 

 

カウンセリングにおいて知り得たクライアントの情報は、一切外部に漏らすことはありません。

 

 

どうぞご安心ください。

 

 

Q.うまく話せるか心配です

 

 

「じょうずに話せないかもしれません」

 


「話がまとまらないかもしれません」

 


多くの方が、カウンセリングを受ける際、このような心配を持っていらっしゃいます。

 


ご安心ください。うまくお話しをしていただく必要はありません。

 


あなたのペースに合わせて、ゆっくりお話しを聴かせていただきます。

 


必要なことは、カウンセラーが質問をしたり、確認しながら、進めていきます。

 

 

Q.「カウンセリングを受けるほどの大した悩みじゃない」と、思われそうで心配です

 

 

「そんな小さなことで悩んでいるの!と思われないか心配です」

 


「そんなことで悩んでいるの?とバカにされそうで心配です」

 


「大した悩みじゃないよ!と叱られそうで不安です」

 


このように心配されるクライアントさんが、いらっしゃいます。

 


悩みの深刻さ、大きさは、その人それぞれです。

 

 

悩んでいる本人が「大きな悩み」だと思っているならば、それは、その人の心にとって、まぎれもない「事実」なのです。

 

 

私は、あなたの訴えを、そのまま受け入れていきます。

 

 

安心してください。

 


もちろん、悩みの内容について、叱ったり、バカにすることは絶対にありません。

 


あなたの心が痛みを感じているならば、その解決に向けて、しっかりと寄り添っていきます。

 

 

Q.説教されたり、叱られたりしますか?

 

 

ご安心ください。

 

 

カウンセリングの場は、クライアントにとって、安全で、安心できる場所である必要があります。

 

 

そうでないと、誰にも話したことがないような、苦しい胸のうちを話すことはできませんよね。

 

 

また、人は誰でも自分を、楽にし、幸せにする力を持っています。

 

 

カウンセラーの役割は、その力を信じることなのです。

 

 

クライアントを信じ、その気持ちに寄り添っていく。それがカウンセリングです。

 

 

だから、あなたを説教したり、叱ることは、けっしてありません。

 

 

安心して、お越しください。

 

 

Q.トラウマ体験の記憶がないのですが?

 

 

親からの虐待や無視、無関心などのトラウマ体験の記憶がないクライアントもいらっしゃいます。

 


カウンセリングを進めていく中で、幼い子どもの時に親の態度や言葉、行動で、心が深く傷つき、トラウマを負っていたことに初めて気づかれるクライアントも多くいらっしゃいます。

 


また家庭や仕事での人間関係から来るストレスも、長期間にわたると、本人も気づかない間に心の傷となっている場合もあります。

 

 

私の行うカウンセリングでは、クライアント自身が、気づかなかった自分の気持ちや思いに気づいて、自らの力で変えていくことができますよ。

 

 

Q. 1度カウンセリングを終了した後に、またカウンセリングを受けてもいいですか?

 


「1つの問題でカウンセリングを受けて楽になり、カウンセリングを終了しました。しかし、別の問題が出てきて苦しくなってしまいました。またカウンセリングを受けてもいいのでしょうか?」

 


この質問はよくいただきます。

 


お答えしますね。

 


もし、あなたが苦しいのならば、カウンセリングは何度受けてもいいのですよ。

 


カウンセラーである僕だって、自分の中にある問題に気づいたときは、その都度カウンセリングを受けるんですよ。

 


それに、あなたが受けたい問題が、過去にカウンセリングで扱った問題と同じものでもOKです。

 


同じ問題で何度受けてもかまいませんよ。

 


同じ問題であっても、以前のカウンセリングで扱わなかった深い部分の問題が出てくることだってあるんですよ。

 


「カウンセラーに悪いんじゃないか?」

 


などと思わないでくださいね。

 


とにかくカウンセリングを受けることに関して、あなたがカウンセラーに気をつかう必要はまったくありませんよ。

 

たとえばカゼをひいた時に、「前にもカゼをひいて同じお医者さんに診てもらったので、行きづらい」とは思いませんよね。

 


「カゼをひいたので、行きつけのお医者さんのところで診てもらおう!」

 


どうぞこれぐらい軽い気分でお越しください。

 


カウンセラーである僕の願いはなんだと思いますか?

 


僕の願いは、ただひとつ!

 


あなたがラクになって笑顔になるコトなんですよ。

 

 

Q.キャンセルや予約変更はどうすればいいですか?

 

 

前日の17時までにメールか電話でご連絡ください。

 

 

この時間以降のキャンセルについては、カウンセリング料金を全額いただきます。

 

 

 

80%以上のクライアントさんが楽になった、アダルトチルドレンや毒親育ちの悩みの克服方法について、Line@でも情報をお届けしています。

 

 

また、カウンセリングについて、ご質問があれば、お気軽にLINEでお問い合わせください。LINEの内容は私だけに届きますので、安心してください。

ご登録はこちらです。

友だち追加

 

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。