アダルトチルドレンの5つの役割

ヒーロー(優等生)

 

「あなたは、いい子だね」

「お前はとっても優秀だ」

「あなたは、しっかりしている」

親からのこの言葉が欲しくて、あなたはひたすらがんばってきました。

あなたは家族の期待を、これまでひとりで背負ってきました。

でも、本当は、自分がしたいからがんばっているんじゃない。

「親に認めてもらうため」だから。

「がんばれ!私が、がんばれば、なんとか家族が荒れずに穏やかでいてくれる」

そんな思いで走り続けてきたんですね。

「もし、走るのをやめたら、がんばるのをやめたら、親から見捨てられる」

見捨てられる恐怖から逃れるために走るのをやめられない。

あなたは、いつも何もかもを完璧にしようとします。

見事に目標を達成しても、「もっともっと」と期待は高まっていきます。

あなたのがんばりに決して終わりはありません。

つらいし、しんどいし、もうヘトヘトで、休みたい。

でも、がんばることをやめられない。

がんばることをやめたら、自分の価値を誰も認めてくれないと、あなたは信じているのです。

そんなことはありません。がんばっていようと、がんばっていまいと、あなたの価値に変わりはありません。

あなたは、そのままで素晴しい人なんです。

 

ヒーロー(優等生)チェックリスト

 

当てはまる項目が多い場合、あなたはヒーロー(優等生)の役割を演じてきたかもしれません。

長男、長女である

弟や妹の面倒をよく見ていた

子どもの頃に親の面倒を見ていた

学生時代、勉強でよい成績をとるためがんばってきた

周りのまとめ役をしてきた

子どもの時「しっかりしているね」と言われることが多かった

責任感がとても強い

いつも仕切って責任を取る立場に身を置いてしまう

もっともっと努力しないといけないと思う

「いや」と言えず、なんでも引き受けてしまう

他の人とのチームプレーが非常に苦手である

他の人が仕切るときには衝突が起きてしまう

背負わなくてもいいことまで背負ってしまう。疲れやすい

「なぜ、私はこんなに疲れてしまうのか」と思うことが多い

 

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。