「健康であってはならない」のトラウマ

 

「健康であってはならない」のトラウマは、自分で自分を病気にしてしまうトラウマです。

あなたは、よく体調を崩してしまったり、病気になったりしていませんか?

あるいは、自分の健康に気遣うことに無とんちゃくではありませんか?

もし、そうならば「健康であってはならない」のトラウマを持っている可能性があります。

「毎日を健康に過ごしたい」

「いつまでも健康で、元気でいたい」

誰もがこんな思いを持っていますよね。

しかし、「健康であってはならない」のトラウマを持っている人はちがいます。

あなたは、自分が気づくことができない潜在意識の部分で、病気になることを願っているのです。

あなたは、無意識の部分でこんなことを信じているかもしれません。

「私は、病気になった時だけ愛情をもらえる」

「私は病気になると、やっと休みが取れるし、人から労(ねぎら)ってもらえる」

これが、このトラウマを持つ人が、心の奥で信じていることなのです。

あなたは無意識に、自分の健康を害することで、周りの人からの愛情と労いを求めているのです。

「健康であってはならない」というトラウマのメッセージを受け取ると、どのような行動を取るのでしょうか?

健康を害することで、周りの人の愛情や関心を得ようとします。

不健康になることで、人に振り向いてもらおうとしているのです。

そして、この行動はどんな結果を招くのでしょうか?

この人たちは、愛情や関心を得るため、少しの病気やケガでも大げさに言ったりします。

しかし最後は、周りの人から嫌われたり、信用を無くすこともあります。

このトラウマは、もっと悲しい結果を招くことがあります。

それは、周りの人からの愛情が得られない場合、命をかけてまで不健康な状態を作ることがあるのです。

もしかすると、あなたは過去の親子関係の中で、「健康であってはならない」のトラウマを負ったのかもしれません。

あなたは親からの愛情を得るために、「病気になること」を決断したのかもしれません。

それはとっても切ないことですね。

一番大切なのは、あなたの命です。

あなたの心と身体の健康を大切にしませんか?

あなたは、もう、誰かの愛情を得るために病気にならなくて良いのです。

「自分で自分を病気にしない」

この新しい「許しのメッセージ」を自分に与えることで、あなたはトラウマから解放されます。

本当の健やかな心と体を手にすることができるはずです。

 

 

「健康であってはならない」のセルフチェック

 

病気を治したい 

 

よく病気になる 

 

ストレス状況下でよく病気になる

 

不安や行き詰まると病気になる

 

病気をした時だけ、愛情や労(ねぎら)いをもらえるという感覚がある

 

病気になる以外では休めないと思っている

 

病気やケガをした時に、なぜかウレシイ気分を感じる

 

仕事や家事などを過剰にやって、疲れ果てたい感覚がある

 

自分は少々のことでは病気しないと過信している

 

自分を慈しむ時間を軽視していて、大切にしていない

 

 

 

「健康であってはならない」取り入れの場面

 

子どもの時、病気の時だけ親から優しくしてもらえた

 

病気になると、家族が一丸となった。家族が仲良くなった


身体の不調を訴えると、学校が休めた

 

病気のときだけ「がんばらなくてもいい」と言ってもらえた

 

子どもの頃、親が病弱で、その姿をいつも見ていた

 

 

 

あなたが、健やかな心と体を取り戻すカウンセリングは、こちらです。

 

 

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。