アダルトチルドレン克服カウンセリング・体験者さまの声

 

カウンセリングを受けられた「体験者のみなさんの声」を許可をいただいて、 紹介させていただきます。

 

あなたには、「なりたい自分になる」力があります。

 

この方たち声が、あなたの希望となることを願います。

 

 

アダルトチルドレンの「居場所のない感覚」が消えて、楽になりました!

アダルトチルドレンである私は、ずっと、自分の居場所がない感覚がありました。

「自分なんかが、生きていていいのか?いない方がいいのではないか?」いつも、そんな風に思っていました。ばく然とした不安に苦しんでいました。

居場所のない不安感から楽になりたくて、カウンセリングを受けました。

子どもの頃からずっと苦しんでいたことなので、そう簡単に変われるとは思っていませんでした。

でも、驚いたことに、数回のカウンセリングで、アダルトチルドレンの悩みから解放されたのです。

「私は、生きているだけで素晴らしい価値がある!」心からそう思えるようになりました。

「私も自分の居場所を作っていい」そう思えるようになり、毎日がとても楽になりました。

女性

 

アダルトチルドレンの持つ罪悪感が、スッキリなくなりました!

子どもの頃、お父さんとお母さんは、いつもはげしい言い争いをしていました。私は両親の姿をそばで見て、おびえていました。

「私が悪い子だから、お父さんとお母さんはケンカをするんだ!」

子どもの私は、両親のケンカは自分のせいだと思い、自分を責めていました。

アダルトチルドレンとして成長した私は、仕事や家庭、いろんな場面で、「私が悪いんじゃないか?」と自分を責めるようになりました。

仕事で、小さなミスをしただけで、取り返しのつかない罪を負ったような気分になっていました。

子どもの頃からのつらい罪悪感を克服したくて、カウンセリングを受けました。

私は初めて、幼い自分がとても傷ついていたことに気づきました。深い悲しみを受け容れることで、幼い心の傷が癒されていきました。

カウンセリング後の変化におどろきました。

「私は悪くない!」きっぱりと思えるようになれたのです。

自分を責めることがなくなり、仕事が前よりもずっと楽しくなりました。妻や子どもたちとの心の壁もなくなった気がします。

私はアダルトチルドレンの罪悪感から解放され、楽になりました!

男性

 

自分を「ダメだ!」と否定するアダルトチルドレンの悩みから解放されました!

職場で、毎日のように女性の上司に注意を受けていました。そのたび、「自分はなんてダメな人間なんだ」とものすごくショックを受け、落ち込んでいました。もう、心が折れそうでした。

あまりに辛くて、カウンセリングを受けました。

そして私は気づきました。

落ち込みの原因は、私の自信のない性格だったのです!「私はダメな人間なんだ!」という思いこみを持っていたのです。

自分を否定する思いこみは、幼い子どもの頃に、きびしい母親との関係で取り入れた思いこみでした。

「あなたはなんてダメな子なの!」

とても怖い顔で怒鳴るお母さんの顔が、ずっと私の心を支配していたのです。母から取り込んだ「自分はダメだ」という思いこみを、私は捨てました。

「私はありのままで素晴らしい人間なんだ!」

自分を否定し、苦しめる思いこみを、自分を大切にし、楽にする、新しいメッセージに書きかえました。

カウンセリングを受けてから、上司から注意されても、前のように落ち込まなくなりました。

私は折れることのない本物の自信が持てるようになれました!
 
 女性

 

アダルトチルドレンの子ども時代の心の傷が癒されました

会議での発表や仕事の報告の時、男性の上司に対してメチャメチャ緊張していました。

「上司から、いつミスを指摘され、怒られるんだろう?」そんなことばかり考えていました。極度の緊張感のため、1日が終わるとグッタリと疲れ果てていました。

上司に対する緊張をやめるため、カウンセリングを受けました。

カウンセリングを受けて、私は気づきました。

私は、幼い頃の怖い父親のイメージを、無意識に上司に重ねていたのです。

お酒をたくさん飲んで、お母さんを大きな声で怒鳴るお父さん。この場面で、幼い私は誰にも守ってもらえず、必死で怖い気持ちを抑えこんでいたのです。

私は、自分の心がとても傷ついていたことを初めて知りました。

抑えていた怖い気持ちを自分で受け容れました。そうすることで、心の傷も癒されていきました。

カウンセリング後、上司に対する緊張感が減っていました。

疲れも減り、心も身体もリラックスでき、仕事に行くのが楽になりました。

 男性

 

私は、ある方とお付き合いをしました。

お別れした時には、身も心もボロボロでした。

彼は怒ったら手をつけられません。

手をあげる事はなかったけど、俺を怒らせたお前が悪い。許すチャンスを与えるから、土下座しろ!制裁金としてお金を要求するような人でした。

それを拒むと、また罵倒され、知らず知らずのうちに、私は、怒らせる私が悪い。と、自分を責め、何が正しくて、何がおかしいのか?わからなくなっていました。

お別れした時も、告訴すると脅されもうこの世から居なくなりたい、と、地獄のような日々を過ごした。

時間が経っても、自責の念に苦しみ、会社も頻繁に休み、今まで楽しいと感じてた事が全く感じれない。


そんな日々を過ごしてる時に先生のカウンセリングを受けました。

受けてみて…今は、本当に心と身体が軽いです。

自分を責める事も、自然としなくなりました。何よりも私は悪くない!と思えた。悪くない!と感じる事が出来た。

元の私に戻りたくて、たどり着いたのが先生のとこです。

私は、先生と出会い、真っ暗な目の前に、暖かい光が差し込んで来た感じがします。

たまに落ち込む事はあるけど、その時の感情をちゃんと受け入れてたら、自然と楽になるんです。

カウンセリング受けて本当に良かったです。
先生、本当にありがとうございました。

女性

 

〈カウンセリングの感想〉

親との関係が原因で、物心ついた頃から「自分は居てはいけない」「自分は生まれてはいけなかった」という気持ちがずっと消えずに何十年も生きてきました。

カウンセリングで親を変えることはできないけど本当に効果はあるのだろうか?

でもこの生き辛さがなくなるなら!!という思いで、カウンセリングを受けてみることにしました。

カウンセリングを受けて「自分はいてもいいんだ」と思えるようになり、何十年も引きずってきた親のことも「もういいや」と吹っ切ることができました。

これからは前向きに生きていこうと思えるようになって、とても楽になれました。

〈カウンセリングの感想〉に添えられたお手紙から(抜粋)

あれからも、時々は落ち込んだりすることもありますが、そういう時でも、「やっぱり私はいてはいけないんじゃないか?」等という気持ちになることはありません。

今まで辛い思いをした分も、これからは楽に生きるぞ!!!と前向きに考えることができる様になりました。

女性

 

 

〈カウンセリングの感想〉

私が初めて森脇先生のカウンセリングと出会ったのは、四年ぐらい前になります。

カウンセリングの勉強をして、自分がカウンセリングができるようになりたいという思いからでした。

何回か無料のセミナーに参加しました。それでこのカウンセリングの内容を知り、より強く、私もこの勉強をしたいと思いました。

が、色々な事情で、私自身がカウンセリングを受けなければならない状態になりました。

5回にわたり受けました。最初のうちは、先生に色々と聞かれても、素直に自分の気持ちを伝えられませんでした。

自分を出すのがとてもはずかしかったり、先生が「こう言ってみて」とか、「こうしてみて」とか言われる事にとまどったり、抵抗があったりとか、そんな感じでした。

ですが、一回、二回、三回と慣れてくると自然にできる様になっていきました。

それまでは、「私はなんでこうなんだろう」「どうしてもっとこうできないんだろう」と自分を責めていました。

とても辛くて「なんで、なんで」と苦しかったです。

それがこのカウンセリングを受けていくうちに、「こんな私でもいいんだ」と思えるようになりました。 すごく楽になりました。

私が生まれてから、育ってきた環境や両親や家族とのかかわりをひもといていくと、自分という人間は、こうゆうふうにして私という人となったんだという事がわかりました。

すると、自分をよく知る事ができた様な、自分自身がよく解った様なそんな気持ちになりました。その事ですごく落ち着きました。

「自分がよく解ったから落ち着いた」そんな思いでした。

その事により、大げさに言うと人が解ったという感じです。

たとえば身近な人で主人です。主人に対して色々と不満を思っていたんですが、このカウンセリングを受けた事で考え方が変わりました。

主人もおいたちや環境で辛い思いや苦しい思いをしてきたんだろうなあーと思うと相手を責める気持ちがなくなりました。

この事は、これからの私の人間関係の上で大きな習得となりました。

森脇先生との出会は、私にとって大変大きな物となりました。

女性

 

 

「死にたいと思わなくなりました」

私はある会社で事務の仕事をしていました。

しかし、ある日を境に、急に仕事に行けなくなり、鬱(うつ)になってしまいました。

「仕事に行かなきゃ」 でも身体が動かない。

何とかして玄関を出ても、足が前に進まない。

自宅で身体を横にしたまま、そんな自分が情けなくて辛くて、消えてなくなりたくて、泣いてばかりいました。

結局、仕事に行けないまま、ただ自宅でじっとして1日を終える。そんな毎日を過ごしていました。

「あたしなんか生きてちゃいけない」

「生きてても◯◯さん(主人)に迷惑かけるだけだ」

どうやったら主人や周りに迷惑をかけずに死ねるのか、そんなことばかり考えていました。

カウンセリングを受けたのは、そんな時でした。

確か一番最初のカウンセリングは「死にたい気持ちをなくすカウンセリング」だったと思います。

「死にたい気持ち」 カウンセリングの中で、幼い頃、母に言われた一言が思い出されました。

「あんたが生まれたから離婚できなかった」

「私が生まれたから、お母さんはずっと苦労することになったんだ。私は生まれてはいけなかったんだ」

幼い頃の私はそう決断したようです。

カウンセリングの中で、母にそう言われたことへの悲しみ、更には、何てことを言うんだ!という怒りを吐き出しました。

そして「誰が何と言おうと、私は絶対、生きる価値がある!」と、改めて自分自身で決断しました。

死にたい気持ちを無くすカウンセリングの後も、何回かカウンセリングを受けました。

そして今、何かしらの壁に当たっても、不思議なくらい「死んでしまいたい」「私なんか生きてても仕方ない」「生きてても迷惑をかけるだけ」そんな気持ちが湧いて来ません。 それどころか、毎日をとても楽な気持ちで過ごせています。

あの苦しみが嘘のようです。 もちろん仕事にも、毎日行けてます!

あの時カウンセリングを受けてなかったら、どうなっていたんだろう。このカウンセリングに出会えて本当に良かったと、心からそう思っています。

  女性

 

 


これまでのカウンセリングを受けて、自分の事をより知ることができました。


知ることで、だから自分はこう感じるのだなと納得できました。


一番大きかっ事は、感情を感じて、気持ちを受けとめることです。


今までは感情をどう処理していいのかわからずそのまましてきましたが、これからはしっかりと感じていきたいと思います。


これから仕事を決めたり、前向きに生きていこうという気持ちが戻ってきました。


自分の好きな事や新しい事にも挑せんしていこうと思います。


ありがとうございます。

 

 

アダルトチルドレンの悩みから解放され、生きることが楽になった人たちの声です。

あなたもきっと、生きづらさから解放されます!

あなたは自分をうんと好きになることができます!人の目を気にせず、自信をもって振るまえるようになれるのです。

人の輪の中に入り、楽しい時間を過ごすこともできます。ステキな人たちとの親しい関係をたくさん作っていけるようになれます。

あなたは生きづらさから楽になり、もっともっとステキな人生を楽しめます!

 

アダルトチルドレン克服カウンセリングは、こちらです。

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。