アダルトチルドレンの“生きづらさ”を生むトラウマ

 

 

あなたは今、重たい悩みを抱えて、生きづらさを感じていませんか?

 

 

 

 

 

あなたは今、重たい悩みを抱えて、生きづらさを感じていませんか?

 

 

「人との関係がいつもうまくいかない」
 


「死にたくなる」
 


「自分はダメな人間だと思う」
 


「自分にぜんぜん自信が持てない」
 


「自分のことが嫌いである」
 


「いつも心が空っぽで虚しい」
 


「人が怖い」
 


「いつも孤独を感じる」
 


「うつ病になり苦しんでいる」
 


「摂食障害になり苦しんでいる」
 

 

これらの悩みは、もう解決できないものだとあきらめて、望みを無くしていませんか?

 

 

あきらめないでください。

 

 

どうぞ希望を持ってください!

 

 

あなたは、きっと生きづらさから解放されて、幸せな人生を手にすることができますよ!
 

 

どうすれば、あなたは苦しい生きづらさから解放され、楽になれるのでしょう?

 

 

あなたが生きづらさから解放されるためのカギがあります。

 

 

それは何だと思いますか?

 

 

それは、あなたが持つトラウマ(心の傷)です!

 

 

おどろきましたか?

 

 

もしかすると、あなたは自分のトラウマ(心の傷)に気づいていないかもしれません。

 

 

しかし、あなたの無意識にあるトラウマが、生きづらさを生み出しているのです。

 


あなたは、このトラウマを癒すことで、生きづらさから自由になれるのです。
 


では、あなたは「いつ」、トラウマを負ったのでしょうか?

 

 

それは、あなたの子ども時代です。
 

 

あなたが生まれ育った家は、安心できない機能不全家族でしたか?

 

 

あなたはその家族の中の親との関係で、トラウマを負ったのかもしれません。

 

 

あなたは子ども時代、親とのどんな場面でトラウマを負ったのでしょう?

 

 

それはこんな場面かもしれません。

 


親が温かい愛情をあたえてくれなかった。
 


親が褒めてくれなかった。
 


親から否定されたり、批判されたりしていた。
 


親がいつも人と比べていた。
 


親から怒鳴られていた。
 


親から叩かれていた。
 


親からにらまれた。
 


親から無視されていた。
 


親から守ってもらえなかった。
 


親同士のケンカが絶えなかった。
 


親からいつも支配を受けていた。
 


あなたは、このような親の言葉や態度、行動によって、トラウマを負ってしまったのです。

 

 

このトラウマは、子どもだったあなたにどんな影響をあたえたのでしょう?



あなたは、トラウマを負うことで、性格が大きく歪められ、変わってしまいました。
 

 

あなたは今、自分のどんなネガティブな性格に悩んでいますか?
 


「私なんていないほうがいい、生きる価値がない」と思い、自分を否定する性格。
 


「私はダメな人間だ」と思う、自信のない性格。
 


自分のすることに罪悪感を持ち、自分を責める性格。
 


「人が信用できない、人が怖い」と感じる、人を信じることができない性格。
 


自殺をしようとしたり、自傷行為を繰り返す自己破壊的な性格。
 

 

なぜ、これらの悩みを生み出す性格に変わってしまったのか、気づきましたね。

 


あなたは子ども時代にトラウマを負ったことで、「人生を不幸にする性格」に変わってしまったのです。
 

 

小さな子ども時代に負ったトラウマは、あなたの一生の悩みを作り出しているのです。
 


このトラウマは、「自分について」「人について」「人生について」の、あなたの感じ方、考え方、行動に大きな影響をあたえ、あなたを苦しめています。

 

しかし、望みを失くさないでください。

 

 

希望を持ってください。

 

 

あなたは無意識にあったトラウマに気づいたことで、もうすでに変わり始めていますよ。

 


あなたは、トラウマを解消することで、「人生を不幸にする性格」を、「人生を幸せにする性格」に変えていくことができるのです。

 

 

さぁ、幸せな人生への第一歩を踏み出しましょう!

 

アダルトチルドレンが持つ代表的なトラウマ(心の傷)

 

アダルトチルドレンが持つ代表的なトラウマを挙げます。
 

ここで書いているトラウマは、アメリカの臨床心理学の権威である、グールディング博士、マクニール博士の「禁止令」の考え方を参考にしています。

 

生存に関わるトラウマ

人間関係に関わるトラウマ

自己に関わるトラウマ

 

「私は自分らしくあってはならない」

 

「自分の性別であってはならない」(「私は男であってはならない」「私は女であってはならない」)

 

「私は離れてはならない」

 

「私は目立ってはならない」

 

「私は行動してはならない」

 

能力に関わるトラウマ

安全に関するトラウマ

 

「私は楽しんではならない」

 

「私は感じてはならない」

 

「私はくつろいではならない」

 

 

80%以上のクライアントさんが楽になった、アダルトチルドレンや毒親育ちの悩みの克服方法について、Line@でも情報をお届けしています。

 

また、カウンセリングについて、ご質問があれば、お気軽にLINEでお問い合わせください。LINEの内容は私だけに届きますので、安心してください。

ご登録はこちらです。

友だち追加

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。