アダルトチルドレン克服!「感情を感じて、本当にスッキリし、楽になれました!」

こんにちは、森脇要です。

感情はガマンせずに、感じることで、心がスッキリとし、とても楽になれます。

アダルトチルドレンのあなたは、「怒り」「悲しみ」「怖れ」などの感情を、ガマンして心の中に飲み込んでいませんか?

あなたは、感情を感じることで、憂うつな気持ちや、イライラも消えていきます。

会社で事務のお仕事をしている女性Mさんは、いつも自分の感情を抑えていました。誰かに理不尽なことを言われても、相手にイヤと言えない性格でした。

彼女は、カウンセリングで、ずっとガマンしていた怒りの感情を吐き出しました。

それから彼女は、怒りを溜めずに、感情をコントロールできるようになりました。

また、怒りを溜めないことで、職場の人間関係も良くなったそうです。

Mさんからいただいたメールです。

怒りの感情を上手に出せるようになりました。

私は職場で、よく理不尽なことを言われていました。

いっぱいいっぱいでも、仕事を頼まれると嫌と言えない。

本当に自分の言いたいことが言えない。

そんな人間でした。

なぜなら、子どもの頃から父親がとても厳しく、少しでも言い返そうものなら、何倍にもなって怒鳴られ、結局は何も言えなくなり黙り込むしかない。

父親は母親にも辛くあたり、長女である私は、母親を守るために、自分を押し殺していました。

物心ついた頃からそんな環境だった為か、ずっとずっと、どんな場所でも自分の本当の気持ちにフタをしていました。

「フタをしていた」ことに気付けたのはカウンセリングを受けたから。

何回かのカウンセリングの中で、そんな父親に対して本当は怖かった。本当は悲しかった。本当は怒りでいっぱいだった。

自分の本当の気持ちに素直になれ、全ての気持ちを思いっきり吐き出して行きました。

森脇先生が、本物の感情は、吐き出すとスッキリすると言われてましたが、本当にスッキリするんですね。

驚きました。

カウンセリングを受けてから、とても不思議です。

理不尽なことを言われたりした時、「あーーー!腹がつ!!」と自分の感情が素直に湧き出てくるようになりました。

理不尽なことを言った職場の人に、自分が腹を立てているということを言わなくても、森脇先生から教えて頂いた方法で、気持ちをスッキリさせることができるようになりました。

時々ーーーは直接本人に「何故そのようなことを言うのか?」と、冷静に話しできるようにもなりました。

おかげで、とても気持ち良く仕事ができるようになり、職場以外での人間関係もわりとスムーズです。

カウンセリングで人は変われるんですね!

本当にありがとうございました!


「悲しみ」「怒り」「恐れ」「嫌」「さびしい」

これらの感情をガマンすると、私たちの心は苦しくなってきます。そうなると、人との関係もギクシャクして、うまくいかなくなります。

感情を吐き出したり、受け入れると、とってもスッキリして、楽になれるのです。

このカウンセリングを受けた多くの人が、よくこう言います。

「こんなにスッキリするのなら、もっと早く受けておけばよかった!」

そのくらい本当にスッキリするのです。

感情を吐き出すと、心もスッキリ、人との関係も楽になりますよ。