アダルトチルドレンの苦しくても、必死ではたらいてしまう悩みも克服できます

 

● アダルトチルドレンの苦しくても、必死ではたらいてしまう悩みも克服できます

こんにちは、森脇要です。

あなたは、毎日お仕事を一生けん命がんばっていらっしゃいますね。

上司から「よくやった」とほめられたい。

お客様から認められたい。

売上目標を達成したい。

目標を持ってがんばるのは、すばらしいことです。

でも、それが、前向きな気持ちだけじゃなくって、何かに駆り立てられるような気持ちだったら、ちょっと苦しいね。

体力や気力の限界まできても、「まだ、まだ」とがんばっていませんか?

アダルトチルドレンは、時に、「自分はダメだ」という自己否定感を感じないようにするために、必死で仕事をすることがあります。

それは、自分の心の中で響く「あなたはダメ」という声から逃れるためなのです。

その声の正体の多くは、子ども時代の親の声です。

「やっぱり、あなたはダメな子ね」

この声を聞かないようにするため、あなたは、これからも必死でがんばるのですか?

あなたは自己否定の声と戦っているのですね。でも、必死に働いてもその戦いに終わりはきません。

あなたは、これまで、すごくがんばってきました。本当によくやってます。そろそろ楽になってもよいのです。

どうすれば、楽になるのか?

あなたの心の中に住む親を追い出すのです。

そんなことができるか?

だいじょうぶ、安心してください。あなたの中にあなたを癒していく力が存在するのです。

アダルトチルドレンの苦しくても、必死で仕事をしてしまう悩みも克服できます。

きっと、あなたも楽になれますよ。