アダルトチルドレンの「死にたい気持ち」が、たった1回のカウンセリングで消えました!

 

● アダルトチルドレンの「死にたい気持ち」が、たった1回のカウンセリングで消えました!

こんにちは、森脇要です。

アダルトチルドレンは、生きづらさが重なり、うつ病になることがあります。

うつ病の症状で、もっとも危険なことはなんでしょう?

それは、

「死にたい」気持ちになることです。

実際に自殺を企てる人もいます。

もしかしたら、このブログを読んでいるあなたも、「死にたい気持ち」で苦しんでいませんか?

「死にたい気持ち」を持ち続けるのは、本当につらいですね。

あなたは、絶望を感じていませんか?

でも、

どうぞ希望を捨てないでください。

なぜ、私がそう言うのか?

それは、あなたの「死にたい気持ち」は必ず克服できるからです。

会社員の女性Mさんも、うつ状態となり、カウンセリングにいらっしゃいました。

彼女は、たった1回のカウンセリングで「死にたい気持ち」が消えました。

信じられますか?

本当です。

人は誰もが、変わっていくすばらしい力を持っているのです。

彼女の声は、きっとあなたの希望となるはずです。お聞きください。

私は、会社の男性上司の強烈なパワハラが原因で、うつ病になりました。

「もう私なんか人に迷惑をかけるばかりだ。死んだほうがいい!」

私は「死にたい」気持ちをいつも感じるようになりました。

「死にたい」気持ちを消したくて、カウンセリングを受けました。

カウンセリングの中で、私がいつ「死にたい気持ち」を自分で取り入れたのかが、わかりました。

それは私がまだ赤ちゃんの場面でした。

生まれたばかりの赤ん坊の私を前にして、お父さんもお母さんも私のことを迷惑そうな顔で、冷めた目で見ています。

私は、両親が私のことを無条件に愛してくれないことを、この時に感じていたのです。

「私はいらない存在」

「私は生きる価値がない存在」

私は父と母の反応を見て、そう決めたのです。

ずっとずっと抑えていた、たくさんの悲しみが涙になって溢れてきました。

私は、こんなにも悲しかったんだ。

自分がこんなに悲しかったことに、私は今までずっと気づいていませんでした。

私は、イメージの中で、小さな赤ちゃんの優しいお母さんになりました。

そして目の前の父と母にこう言いました。

「もう、あなたたちには、まかせません。この子は私がめんどうをみます。私が愛します」

腕の中の小さな自分に語りかけました。

「あなたには、生きる価値がある。あなたには、愛される価値がある」

腕の中の小さな私は、はじめてニッコリと笑ってくれました。

カウンセリングの後、変化に驚きました。

たった1回のカウンセリングで、「死にたい気持ち」が無くなっていたのです。

カウンセリング前よりも、自分に自信が持てるようになれました。

上司のパワハラも以前に比べて、あまり気にならなくなりました。


彼女の声を聞いて、あなたは何を感じました?

あなたの心の中に少しでも希望の光が差し込んだなら、私はとてもうれしいです。

あなたの、うつ病から来る「死にたい気持ち」は、必ず克服できます。

あなたの持つ「死にたい気持ち」は、あなたが幼い時に両親との関係の中で取り入れたものです。

あなたが取り入れたもの、だからあなたが、もう一度変えることができるのです。

「死にたい気持ち」が消えたとしたら、あなたは、今日をどんな風に過ごしたいですか?

あなたは、生きていることの幸せを、心から感じるかもしれません。

「私は生きる価値がある」、きっとあなたも笑顔で言えますよ。