原因不明の身体の症状を克服する方法

 

原因不明の身体の症状を克服する方法


こんにちは、
アダルトチルドレン克服専門カウンセラー
森脇要です。


アダルトチルドレンが育つ
機能不全家族家族には、
3つのルールがあります。


そのルールの1つ、


それが、「感じるな」というルールです。


家族がみな、感情を抑え、表そうとしない。
あるいは、感情を見ないようにしているんです。


あなたは、今感情を感じることができていますか?


「怒り」


「恐れ」


「悲しみ」


「喜び」


どれもあなたの大切な感情です。


この感情を感じないでいると、
どうなるって思いますか?


消えてなくなるんでしょうか。


いえ、感じないで抑えたり、
見ないようにした感情は、
ずっーーーーーーーと
あなたの心の中に残っているんです。



そう、感情って
受け容れたり、吐き出したりして、感じると
スッキリと消えていくんです。


でもね、感じないでいると
心の中に残って、だんだん苦しくなって
くるんです。


心の中に残った感情は
別のイヤな感情や思いにに変わったりします。


たとえば、


自分はダメだって思うようになったり、


恨みに変わったり、


うつな気分に変わったり、


また、人によっては感情をガマンすると、
身体に出る人もいます。


たとえば、


原因不明の頭痛、肩こり、腰痛。


メニエールのような症状。


ストレスが原因の脱毛。


突発的になった難聴。


突発的になった視力の低下。



あなたは、なにか心あたりがありますか?


もしあなたに、これらの身体の不調があって
原因がハッキリわからないならば、

感情を抑えることで、
ストレスをためこんでいるのかもしれませんね。


ある女性のクライアントさんは、
感情を感じることで身体のだるさから回復しました。


彼女の声を聞いてみてください。

私は、もぉ身体がだるくてだるくて、
おまけに気力もぜんぜん湧いてこなくて、
起き上がれない状態でした。


だから仕事も休みがちでした。


「きっと、これってストレスが原因にちがいない」


そう思って、私はカウンセリングを受けたんです。


私は、自分が抑え込んでいた感情に気づきました。


その感情は「「怒り」の感情だったんです。


「怒り」を吐き出すことで、
私はグングン元気になっていきました。


お仕事も休まずに楽に行けるようになりました。


どうもありがとうございました。



感情を感じるってことは、
ほんとぅに大事なことなんです。


あなたも感情を感じることで、
身体の不調の原因を作っている
ストレスから楽になれるかもしれません。



そうそう、話が少し変わりますが、


日本人の3人に1人は「がん」で
死亡しているって知ってますか?


このとっても身近な病気の「がん」ですが、


「がん」になりやすい性格があるって
知っていましたか。


それは、タイプCと言われる性格です。


このタイプCの性格の人は、
ある感情をを抑えがちなんです。


つまり、この感情を感じることで
がんになりにくい性格に変わることが
できるんです。


性格を変えることが、
がんの予防や、再発予防になるって
スゴイですよね。


あ、最後にお知らせです。

いとしまカウンセリングルームのある
糸島のお寺で、今度の土曜日25日、
この「感情」のお話をします。


このタイプCの性格についてもお話しますね。


感情を感じて、
心も身体も健康になりましょう。

ぜひ、お越しください。

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。