母の25回忌のしらせ

 

● 母の25回忌のしらせ




「来年の1月に
お母さんの回忌供養をお寺でする」



県内に住む兄貴から電話があった。



こんどで、25回忌か・・・



もう、そんなになるんだ。



母親のことを思い出し、

ムネがチクッと痛んだ。




ふと、

子どもの頃の光景が頭に浮かぶ。



あの頃・・


父親は酒飲みで、
酔っ払って帰ってきては、
コトバで母をイジメていた。



子どもの僕は
寝たふりをしていた。





やっぱり、
今でもイヤな思い出だ。




あの頃、
小さな僕は感じていた。







この家族は、



まるで

薄くて、もろい
ガラス細工のようだって。




何かあったら、

ちょっとしたことで、
すぐに壊れてしまう。




小さい頃からの予感は、

僕が26歳の時に現実になった。





1月の寒い朝に

母は倒れて、
そのまま逝ってしまった。






あれから
20年以上の時間が経った。




母の死から10年以上、
僕は罪悪感に
苦しんだ。




カウンセリングを受けたことで、
なんとか乗り越えることができた。




だけど、
やっぱり思い出すと、


少しだけムネが痛む。




でも、いい。


僕はこの痛みがあるからこそ、


誰かの痛みに
少しでも寄り添おうって
思うんだ。



その人と同じ痛みを
感じることはできない。



でも、少しでも
わかりたいと思う。



祈るように思う。





兄貴からの電話が
ほんの少しの間、
僕を昔にもどした。

 




アダルトチルドレンが生きづらさを克服する方法や、
毒母から自由になる方法について、
週間の無料メールマガジンをお届けしています。

このメールマガジンを読んで、
「気持ちが楽になりました!」
「長年の悩みが解決しました」などの
喜びの声をいただいています。

メールセミナーのお申し込みはコチラです!!

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。