共依存の連鎖を断ち切ろう!

 

● 共依存の連鎖を断ち切ろう!


こんにちは、アダルトチルドレン克服専門カウンセラー森脇要です。



「共依存」は、何世代にもわたり連鎖することがある。


親、子ども、孫、さらに次の代へ・・・。




そう考えると、なんだか、とてもコワイことだね。




なぜ、「共依存」の関係は連鎖していくんだろう?



たとえば、暴力。



お父さんがお母さんを殴ったり、蹴ったり、暴言を吐いたりする家庭があるとする。



お母さんは、お父さんへのやり場のない「怒り」を溜め込んでいる。



けれどもそれを吐き出せる人が誰もいない。




お母さんは、怒り、不平、不満、グチを、すぐ近くにいる小さな子どもに吐き出す。




子どもは、本当は親から保護される立場だ。



けれども、殴られているお母さんのことを可哀想に思い、グチを受け止める。



この関係、なんだか違和感を感じない?



だって、まるで親と子が入れ替わっているんだ。




お母さんのグチを聞きながら、子どもたちは心から思う。



「ぜったいに暴力はイヤだ!」と。






しかし、現実はとても残酷なんだ。




夫から妻への暴力を見て育った子どもは、大人になって「殴る側」か「殴られる側」になってしまうことが多い。




あんなに、「暴力はイヤだ!」って思ったのに、フシギだと思わない?



とてもフシギだよね。



その理由は、子どもは、親の姿を無意識に取り入れてしまうからなんだ。



男の子は、大人になった時に、あれほど暴力がイヤだと思ったのに、妻に暴力を振るってしまう。


お父さんと同じ「殴る側」になってしまったんだ。



知らないうちに、お父さんがお母さんを「殴る姿」を自分の中に取り入れているんだね。





一方女の子は、なぜか、暴力を振るう男性をパートナーとして選んでしまう。



女の子が生まれて初めて出会う男性って、誰だろう?



そう、お父さんだね。



女の子は、お父さんの姿を見て、「男性とはこういうものなんだ」と学ぶんだ。


そして大人になり、お父さんと同じように暴力を振るう人をパートナーとして選んでしまう。


お父さんと同じような人に無意識で男性としての魅力を感じるのかもしれない。


そして、お母さんがしていたように「殴られる側」になってしまう。



さらに女の人は、自分の子どもが生まれた時、お母さんがしたように、子どもに夫のグチを吐き出すようになるかもしれない。



そしてエスカレートすると、お父さんのように、子どもに暴力を振るうかもしれない。




この流れが何代にもわたって続いていく。



「共依存」の連鎖は、ほんとうに長い年月の間、たくさんの人を苦しめることになるね。



苦しみを未来へ持ち越さないようにしたいよね。




「共依存」の連鎖はあなたで止めることができるよ。




そのために、まず、あなたが「共依存」から解放され、ラクになろう。



すると、あなたの子どももラクになる。



次の世代の子どもたちもラクになれる。



クサリを断ち切ると、シアワセの流れに変わる。




さあ、あなたでクサリを断ち切らないかい?



あなたで流れを変えない?




「共依存」の連鎖は、親の姿の取り入れが根っこの原因だ。




取り入れたものは、もう一度取り入れなおすことができるんだ!




今までのやり方を捨てて、新しいやり方を学ぶ力をあなたは持っているよ。



カウンセリングとは、新しいやり方を学ぶあなたを後押しするものなんだ。




あなたが自分のすばらしい力に気づくサポートをし、あなたがすばらしい力を発揮するサポートをする。



あなたはきっと変わっていけるよ!



だって変わっていく力をあなたはすでに持っているんだから。



ダイジョウブ、勇気を出して一歩を踏み出そう。未来の子どもたちのために。

 




アダルトチルドレンが生きづらさを克服する方法や、
毒母から自由になる方法について、
週間の無料メールマガジンをお届けしています。

このメールマガジンを読んで、
「気持ちが楽になりました!」
「長年の悩みが解決しました」などの
喜びの声をいただいています。

メールセミナーのお申し込みはコチラです!!

 


福岡県(福岡市 糸島市 北九州市)、佐賀県(佐賀市 唐津市  伊万里市 有田町)、長崎県(佐世保市 大村市)、熊本県(熊本市)からもお越しいただいています。

アダルトチルドレン、毒親、トラウマ、共依存、、機能不全家族、インナーチャイルド、自己嫌悪、劣等感、自己肯定感、虐待、うつ病、摂食障害、パニック障害、対人恐怖症、依存症などのカウンセリングを行っています。